時間を動かす

こんにちは!

東京自立研修センターです。

 

時間とは不思議で、絶対的時間と相対的時間があります。

世の中ではどんどん時間は過ぎていきますが(絶対的時間)、自分の中では時が止まる(相対的時間)、ということが起きます。

引きこもりや不登校の方たちはまさに時が止まった状態ではないでしょうか。

 

長い間引きこもりだったり、不登校だったりすると、いざ新しいことをしようと思っても、なかなか1歩が踏み出せないことが多々あります。

 

まわりに受け入れられるだろうか、自分はきちんと出来るだろうか、という様々な不安に囚われ、あともう少ししたら、明日になったら、と先延ばしにし、結局それが引きこもりや不登校という結果をもたらすことになります。

 

誰でも新しいことに挑戦する時は、ドキドキし緊張しますよね。

そうした時はどうしたらいいでしょうか。

 

人は素晴らしいことに、「想像力」という力を付与されています。ここでその力を発揮させてみましょう。

 

今まで色々紆余曲折あった過去のことをスパッと切り離してみる。

時間が流れていく中でまさに今その瞬間、生まれ変わった、と考えてみてください。そして自分がゼロの地点にいる、とします。

大事なのは、とりあえず前を向くこと。前を向くとそこに道ができるはずです。

 

進むか進まないか。それは、戻るか戻らないか、の選択になります。

過去の自分に戻りたくない、という気持ちが少しでもあるなら、一歩前へ進んでください。そこからまた止まっていた時が刻まれていくはずです。

 

そんなに簡単にいかない、と思うかもしれません。

ただ、まさにその気持ちが引きこもらせる原因かもしれません。

時を動かすも動かさないも、自分次第。

 

センターもそうですが、もしそうしたきっかけが訪れたなら、それを転機と思って進む勇気を持ってほしい。きっと違う未来が見えてくるはずですから。

東京自立研修センター
住所:東京都中央区日本橋3丁目4-15 八重洲通ビル5F
相談専用ダイヤル:0120-0303-99
ホームページ:http://0033.tokyo
私たちはニート・引きこもり・家庭内暴力・発達障害・精神疾患・不登校・お金の無心・依存症・素行不良などの問題を抱えた 未就労の方々を研修生として迎え入れ、 自立生活・就労の支援を行っている民間の自立支援施設です。