本来の自信とは

こんにちは、東京自立研修センターです。

 

研修生の多くは人前に出るのが苦手です。
長い期間、不登校だったり引きこもっていたりすると、ますます人と話すことが怖くなっていきます。

 

不登校だった研修生のNさんは、働くことを選び、いくつか面接にこぎつけたにもかかわらず、すべて自分でキャンセルしてしまいました。

「自信がない」というのがその理由です。

 

「自信もって!」と言うのは簡単ですが、この「自信を持つ」というのは簡単でありませんよね。積み重ねがあって初めて「自信を持つ」ということになるわけですから。

 

でも少しだけ視点を変えて「自信を持とう!」ではなく「自分を信じてみよう!」だったら?

「自信」とは文字通り「自分を信じる」こと。

「自信」=「自分を信じる」ちょっとした違いですが、「自信持って!」ではなく「自分をもっと信じて!」の言葉の方が不思議と元気が出るような気がします。

 

ごまかしのようですが、要は気の持ちよう。

なんとか今の挑戦してる自分を信じてほしいと思います。

東京自立研修センター
住所:東京都中央区八重洲1-6-2 八重洲一丁目ビル6階
相談専用ダイヤル:0120-0303-99
ホームページ:http://0033.tokyo
私たちはニート・引きこもり・家庭内暴力・発達障害・精神疾患・不登校・お金の無心・依存症・素行不良などの問題を抱えた 未就労の方々を研修生として迎え入れ、 自立生活・就労の支援を行っている民間の自立支援施設です。